Re:file(リファイル)
 暇つぶしにどうぞーヽ(>。<*)ノ






カテゴリ - その他

 【イギリス】ロンドンの街中で武装するギャング同士の抗争が勃発


0GB★ 2018/06/10 08:16 15件 1993pv 




イギリス・ロンドンの街中で武装するギャング同士の抗争が勃発し、店内に入って大暴れ。


Terrifying gang violence erupts inside London store





11pt
10pt



記事URL
ピックアップ記事
コメントする検索画像一覧
1ケンヂ 2018/06/10 08:50

ドロケーやってんだよ

3pt
4pt
2名無しさん 2018/06/10 08:59

あと何年か後の凶暴な移民で溢れた日本の姿。ウキウキ、ワクワク待ち遠しいね。糞売国政権支持したおまえらのせいだから。どう責任取ってくれるのかな?

11pt
18pt
3名無しさん 2018/06/10 09:48

やっぱ黒人はアフリカに帰すべき。

日本も特亜人が帰れば治安も更に良くなるだろうね。

安倍さん!人手不足でも移民はやめて!!

25pt
1pt
4名無しさん 2018/06/10 10:29

>>2
民主党のことだろ。
まさに売国政権だったね、外国人に参政権をあたえるとか移民を大量に受け入れるとか。
中国に党員が毎年の如く大挙して研修に行ったりして中国を崇拝していたね。
中国の漁船が海上保安庁の巡視船に体当たりした時も裁判すらせずに国費で丁重に帰国させたし。
元党首で元首相の鳩山なんて韓国と中国で土下座して涙うるうる。
その末裔が民進党や立憲民主党、国民民主党。





20pt
4pt
5名無しさん 2018/06/10 10:34

>>4鳩山ポッポは世界売国奴大賞だからな

24pt
1pt
6名無しさん 2018/06/10 10:41

>>4
民進党の元党首の蓮舫は外国人、人、2重国籍問題が発覚するまで台湾のパスポートを後生大事に所持、雑誌のインタビューで台湾人であることに誇りを感じると言い、自分の子供には翠蘭と琳という中国名をつける、心は完全に祖国台湾にあり。
辻元は自衛隊の存在に反対、天皇制も反対、君が代反対、日章旗と旭日旗反対、日米安保も反対、アメリカと手を切って中国の傘下に入るべきと言う持論を持つ人物。
こういう反日な奴らが日本の政治家であることに驚きを覚える。


16pt
1pt
7名無しさん 2018/06/10 10:44

>>4
支持率2%しかない野党の惨状が物語っている
モリカケ党と名前を変えた方がいいと思う


17pt
1pt


8マイハタ◆eBQKvv9a0c 2018/06/10 11:38

徒党を組むと強く偉くなったと勘違いするチワワと同じ

店内で暴れれば迷惑がかかるなんて考えねぇ

3pt
5pt
9やるならやらねば。 2018/06/10 11:57

わやでんがな。

1pt
0pt
10ゆき 2018/06/10 13:03

せまいコンビニだな

3pt
3pt
11ガーナ人女子◆/sNX393W8I 2018/06/10 13:56

マフィアの抗争ですか。哀れな連中ですね。
彼ら自身もこんな関係から早く抜け出したいでしょう。
捕まってこれを機会にマフィアから抜け出せないのでしょうかね。
毎日命の危険に怯える辛い人生ですね。

4pt
1pt
12名無しさん 2018/06/10 14:36

>>4
今起こってること言ってんだろ逃げんなよ!えっ、、じゃあ安倍政権がやってることは何なんですか?現実逃避するのもいい加減にしろよ反日売国奴の自称日本人どもが!カルト宗教の信者とかわんねぇじゃん。おまえらのどこが保守なんだよ。保守速報見てれば保守だとでも思ってんじゃねぇの。終わっとるわ

0pt
5pt
13名無しさん 2018/06/10 15:30

鳩山「日本は日本人だけの物ではない」
おまえら「鳩山は売国!」
安倍「国境や国籍に拘る時代は過ぎ去った」
おまえら「・・・・」
どっちも売国奴じゃねぇか。
見たいものしか見ないか

4pt
6pt
14名無しさん 2018/06/10 15:40

>>6
まとめサイト、ツイッタ―でよく見かける自分の頭で考えることができない典型的なバカですな。政治のこと何にも知らんくせに知った気になってる人多すぎるだろ。

3pt
3pt


15名無しさん 2018/06/10 18:29

ちゃんと落とした刃物をピンポイントで映してて笑う

0pt
0pt
PREVNEXT


WATCH-LIST(ウォッチリスト) 新着記事
話題の記事


関連検索ワード
 ギャング同士 抗争 で検索
関連トピック


全カテゴリ - 新着トピック順


スレッド一覧へ戻る TOPへ戻る