Re:file(リファイル)
 暇つぶしにどうぞーヽ(>。<*)ノ






カテゴリ - ニュース/情報

 【アメリカ】歩道橋が崩落し、車や通行人が下敷きに 4人死亡、9人が負傷


0GB★ 2018/03/17 17:13 17件 3504pv 

1.


2.


3.


4.



米フロリダ州スイートウォーターにあるフロリダ国際大学(FIU)の近くで15日午後、設置されて間もない歩道橋が崩落し、少なくとも4人が死亡し、10人が負傷した。生存者の捜索活動は夜になっても続いている。

警察によると、歩道橋は片側4車線の幹線道路の上に崩落。少なくとも車両8台が大破したという。落下時に橋の下に何人の人がいたかは不明のままという。

マイアミデード郡のデイブ・ダウニー消防本部長は同日夜、少なくとも4人の死亡が確認されたと発表した。

「対応には時間がかかる。夜通し、ないしはその先まで、現場の捜索活動は続くことになる」と本部長は述べた。同消防本部のポール・エストピアン氏は、「実際に中の様子が見えるようにするため、がれきのなかに穴を作ろうとしている」と話した。

ケンドル医療センターの責任者によると、少なくとも10人が手当てを受けた。そのうち2人は「きわめて重体」だという。

↓全文はソースで
http://www.bbc.com/japanese/43425660


崩落の瞬間を捉えた映像









0pt
1pt



記事URL
ピックアップ記事
コメントする検索画像一覧
1名無しさん 2018/03/17 17:24

姉歯さん、設計の仕事まだやってたのか

6pt
10pt
2新卒さん 2018/03/17 17:29

歩道橋なら重くない
車弱すぎだろ

3pt
17pt
3名無しさん 2018/03/17 17:30

大惨事直後、周りの皆がすぐ助けに行くのが世界共通であってもらいたい

10pt
3pt
4名無しさん 2018/03/17 17:34

二つ目の動画でなに笑ってんだ?


0pt
5pt
5名無しさん 2018/03/17 17:55

これは怖いよねぇ。 写真4枚目のボンネットまでで助かった人は小便ちびっただろうなぁ。
日本でも1991年に同じような「広島新交通システム橋桁落下事故」があったね。
亡くなった人は広島と同じく即死で、自分が死んだこともわからず亡くなったんじゃないかな。
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏

5pt
5pt
6名無しさん 2018/03/17 18:11

アメ公ならいいや

3pt
18pt
7名無しさん 2018/03/17 18:16

逝キスギィ!

1pt
7pt


8名無しさん 2018/03/17 18:20

>>1

いつの時代だよ

0pt
3pt
9名無しさん 2018/03/17 22:41

何処の会社が施工してんかな?

0pt
1pt
10名無しさん 2018/03/18 06:58

安倍ウヨの論理だと崩れる歩道橋の下を通った車が悪い事になるんだよね

2pt
5pt
11名無しさん 2018/03/18 08:45

これが韓国だったらドリフのオチかよとか言うんだろうが、お前らアメリカには優しいんだな。


0pt
2pt
12名無しさん 2018/03/18 12:56

パヨクの論理だとアメリカで設計ミスの歩道橋が崩落したのも安部政権のせい、となるんだろう

2pt
2pt
13名無しさん 2018/03/18 16:16

>>12 どうやって安倍の所為にするかしか考えてないからなw

1pt
1pt
14名無しさん 2018/03/18 17:38

国内でも何十年前かな、広島だったか、高架路建設中にすく横の道路に落ちてかなりの人が車と共に亡くなった事故あったよな。あれって、数秒前に信号が赤になってアクセル踏んで、直後に後続の車両が下敷きになって、その人が信号で停止してたら私も‥‥と言ってたな。。。運だな。

1pt
0pt


15名無しさん 2018/03/19 21:48

この歩道橋、女性だけのプロジェクトで設計された模様

0pt
0pt
16通りすがり 2018/03/20 21:35

4枚目は血ぢゃなく車のクーラントの水ぢゃん

向こうは緑ぢゃなく赤が主流だからな

0pt
0pt
17名無しさん 2018/03/20 22:24

素人がみても折れそうな橋だね。1本脚の阪神高速も倒れそうだね?て感じてたらその通り地震で倒れた!何が震度8でも耐えられるだバーカ

0pt
0pt
PREVNEXT


WATCH-LIST(ウォッチリスト) 新着記事
話題の記事


関連検索ワード
 アメリカ 下敷き 崩落 で検索
関連トピック


全カテゴリ - 新着トピック順


スレッド一覧へ戻る TOPへ戻る